便秘スッキリ!【便秘薬・下剤最前線】

大正漢方便秘薬には副作用があるの?

1d96e7267d3f244909c893fcd601d104 大正漢方便秘薬には副作用があるの?
大正漢方便秘薬は、飲む時の注意点を守って飲むと便秘に大変効果があるそうです。
しかし、大正漢方便秘薬には副作用があるそうです。

どのような副作用があるのか見ていきましょう。

大正漢方便秘薬は、漢方薬である「大黄甘草湯」の2種類の甘草と大黄の作用で便秘の改善を行う漢方の成分が配合された便秘薬です。
大黄は大腸を刺激する下剤の成分で、甘草は緩和する働きがある成分です。

この2つの成分がお互いに作用して排便を改善するとともに、排便時の痛みや腹痛を緩和してくれます。
漢方であるため、個人の体質によって効果は違ってきますが、大正漢方便秘薬は、体力の充実している人向けと言いながらも、体質にはあまりこだわらなくて飲むことができるメリットがあります。

一方、主な大正漢方便秘薬の副作用には、皮膚の発赤・発疹、かゆみ、嘔吐、はげしい下痢、腹痛、吐き気などがあります。
このような副作用が出た場合には、飲むのをすぐに中止して、医師に診てもらうようにしてください。

また、何らかの治療を医師から受けている場合、妊娠中の場合、体力が衰えている場合、胃腸が弱っていて下痢をしやすくなっている場合、薬によるアレルギー症状を以前に引き起こしたことがある場合、はげしい腹痛・嘔吐・吐き気吐などの症状がある場合などは、必ず飲む前に医師に診てもらうようにしてください。

飲んでから1週間程度経っても症状が改善されない場合も、飲むのを一旦中止して、医師に相談することが必要です。

URL :
TRACKBACK URL :
è