便秘スッキリ!【便秘薬・下剤最前線】

ルーメアにはどんな成分が入っている?

5bbc7c39a1862fe9b031f6a542fbd01b ルーメアにはどんな成分が入っている?

ルーメアには、ビサコジルやセンノシド、そしてパントテン酸カルシウムが入っています。
この三つの成分が便秘解消に役立つとされています。

ビサコジルは、便秘解消に役立つ成分ですが、坐薬にも使われています。
直腸粘膜を直接刺激してきまして、腸の運動を活発にする働きがあります。
持病でアレルギーのある人や妊娠中の人、あるいは妊娠の可能性がある場合は医師に相談してから使用すると良いでしょう。

センノシドは、大腸の神経を刺激して行きまして、大腸の運動を活発化させる働きによって、排便を促す効果を出していきます。
センナの有効成分ですが、腹痛や悪心、あるいは嘔吐などが起こることがありますし、妊娠中の方は効きすぎると流産する可能性がありますので注意しましょう。

パントテン酸カルシウムは、パテント酸はビタミンB5で大腸のぜん動運動を高める効果もありますが、卵やレバーなどに多く含まれています。
また糖分や脂質、あるいはタンパク質などの代謝を促進する効果があるとされていまして、皮膚や髪の毛を結構に保つのにも役立つとされています。
アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーに対しても効果がある成分の一つとして使われる事があります。

これらの成分によって便秘解消効果を出していきますが、ルーメアは15歳未満の方には使えませんので注意してください。
そして子供が触れるようなところには置いておかない事も大切になってきます。
また体調が急変するなどの症状がある場合は直ちに使用を停止して医師に相談すると良いでしょう。

URL :
TRACKBACK URL :
è