便秘スッキリ!【便秘薬・下剤最前線】

スラーリア便秘内服液にはどんな成分が入っている?

db69b8159e4927614b95efd6c47e0911 スラーリア便秘内服液にはどんな成分が入っている?スラーリア便秘内服液には、主に、硫酸マグネシウムとビタミンB6が入っています。
硫酸マグネシウムは、100ミリリットル中に5000ミリグラムも配合されており、かなりの量が入っています。

この硫酸マグネシウムは、腸内に入って腸内の浸透圧を調整する役割をします。
腸内の浸透圧が変更されるので、水分が腸内に集まりやすくなります。

水分が腸内で不足していると、便が固くなってしまい、うまく排出されなくなります。
腸内の途中で詰まってしまったり、他の便の流通を妨げることもあります。
固い便が出ることで、肛門付近が切れてしまい、痔になって排便をする気がなくなってしまい、便秘になる人もいます。

そういった便秘の原因は、腸内の水分量不足が影響しています。

しっかりと腸内に硫酸マグネシウムが水分を誘導してくれるので、腸内の便が柔らかくなり、便秘の改善に役立ちます。

スラーリア便秘内服液にはビタミンB6が配合されています。
ビタミンB6は、100ミリリットル中5ミリグラムほど入っており、便秘に伴う症状の改善に役立ってくれます。

例えば、便秘になると、肌が荒れるという人は多いと思います。
肌に吹き出物ができてしまったり、肌ががさがさになってしまうことがあります。

ビタミンB6は、肌の補修成分となっており、しっかりと荒れた肌を補修してくれます。

腸内も便秘になると荒れているので、便秘が終わった後の腸内補修などにもビタミンB6は活躍してくれます。

URL :
TRACKBACK URL :
è