便秘スッキリ!【便秘薬・下剤最前線】

ビオフェルミン便秘薬には副作用があるの?

be5106984e9b03e9d516f0d780b3b533 ビオフェルミン便秘薬には副作用があるの?ビオフェルミン便秘薬には、ある程度副作用が出ることもあるので、注意して服用する必要があります。

注意すべき副作用は?

まず、下痢を起こしてしまうことがあります。

これは、ビオフェルミン便秘薬が効きすぎてしまった可能性や、薬が合っていない可能性があります。
服用量が多すぎる可能性も高いので、服用量を減らしたり、飲むのをやめるなどして様子を見る必要があります。

それから、皮膚に副作用が現れることもあります。

皮膚に現れる副作用としては、発疹や発赤、蕁麻疹、かゆみなどの症状が出てきます。
これは、ビオフェルミン便秘薬にピコスルファートナトリウム水和物が含まれていることから起こっています。

ピコスルファートナトリウム水和物は、医薬品にも使われる便秘改善には効果の高い成分です。
しかし、効果が高い分副作用が強く出てしまうことがあり、湿疹や蕁麻疹には注意する必要があります。

さらに、ピコスルファートナトリウム水和物の副作用として、嘔吐や強い腹痛、多量のおなら、腹鳴などが報告されています。
消化器官に異常が出た時には、服用を中止して様子を見ることをおすすめします。
それと、ビオフェルミン便秘薬には、肝臓のASTとALTを多少増量させてしまうことがあります。
肝臓病などで肝臓の数値に気をつけている人は、服用を控えた方が無難だと言えます。

その他、妊娠中の女性の場合には、早期出産や流産を起こす可能性があります。
服用する時には、医師と相談して服用するかどうかを決めて下さい。

URL :
TRACKBACK URL :
è