便秘スッキリ!【便秘薬・下剤最前線】

ビオフェルミン便秘薬を飲むときの注意点は?

2211698a88f2ccffe22d099e9c87addd ビオフェルミン便秘薬を飲むときの注意点は?ビオフェルミン便秘薬を飲むときの注意点としては、就寝前に服用する点がポイントです。

胃腸薬などは、食後に飲むものや、食間に飲むものが多いですが、ビオフェルミン便秘薬は寝る前に飲みます。
寝ている間に有効成分が力を発揮し、翌朝快便となってくれることが多いです。

ただし、腸が敏感な人や、有効成分に対して敏感な人の場合には、規定量では効きすぎてしまうこともあります。
最初は最小量を服用してみて、様子をみつつ量を規定量にしていく方が急に効果が出すぎるということが起こりません。

それと、ビオフェルミン便秘薬は11歳から飲めるということを売りにしていますが、11歳以下は飲むことができません。
これは、11歳以下には強い刺激のある成分なども含まれているからです。
あまり小さい子に飲ませてしまうと、副作用が強く出ることもあるので、注意が必要となっています。

また、ビオフェルミン便秘薬は、規定量以上飲んではいけないとされています。
ビオフェルミン便秘薬には、体に良いものが多いですが、多量にとってしまうと腹痛を起こすこともあります。
しっかりと11~14歳は2~3錠、15歳以上は3~5錠という規定量を守ることが大事となっています。

その他、ビオフェルミン便秘薬には、乳酸菌が多く含まれているので、あまり空腹時には飲まない方が効果を発揮しやすくなります。
乳酸菌は、胃液に対して弱く、大部分が胃液で死んでしまいます。
空腹時には、胃液によってビオフェルミン便秘薬の乳酸菌が死滅してしまうことが多くなるので注意して下さい。

URL :
TRACKBACK URL :
è