便秘スッキリ!【便秘薬・下剤最前線】

ビオフェルミン便秘薬にはどんな成分が入っている?

172715b0dbb10ad1e8afc13afebff405 ビオフェルミン便秘薬にはどんな成分が入っている?ビオフェルミン便秘薬には、ピコスルファートナトリウム水和物、ビフィズス菌、ラクトミンが入っています。

ピコスルファートナトリウム水和物は、基本的に排便を促進してくれる成分です。
医薬品などにも使われることがあり、排便促進成分としては非常に信頼性の高い成分です。
胃カメラのためにバリウムを飲んだ時に、バリウムの成分を体から出すために使われることもあります。

効果としては、腸のぜんどう運動を促進し、腸内の水分吸収を抑える働きをします。
ぜんどう運動が促進されることで、早く腸内の便が運ばれ、便秘になりにくくなります。

便秘の原因として、腸内の水分が不足し、便が硬くなって詰まってしまうことがあります。
ピコスルファートナトリウム水和物は、腸内の水分量を増やすことで、便が硬くなるのを防ぎ、便秘改善に効果があります。

次に、ビフィズス菌は、非常に有名な腸内細菌の一種です。
特に母乳を飲む赤ちゃんの便に多く含まれている腸内細菌であり、腸にとって重要な役割をしている細菌の一種です。
乳酸菌の一種でもあり、腸内環境を整えたり、便をやわらかくするなどの働きをします。

さらに、ラクトミンも乳酸菌の一種です。
ラクトミンは、腸内の悪玉乳酸菌を追い出し、善玉乳酸菌を増やす働きをしてくれます。
便秘になる原因は、腸内環境の悪化が原因となっていることも多いです。

ラクトミンやビフィズス菌で腸内環境を改善させることで、便秘の原因を根本から改善することができます。

URL :
TRACKBACK URL :
è